Skip to content

ヘルシンキにおいてクラウドベースのソリューション利用により老人福祉サービスが向上

By Antti Pohjolainen 氏、Innofactor 社広報部長 on 2017年9月15日

Filed under Microsoft CityNext

Woman using webcam

ヘルシンキは、フィンランドの首都であり、最大の都市です。そのヘルシンキの多くの高齢者は、年齢に伴うジレンマに直面しています。 それは、食事配達、交通手段、メンタルケアなど、重要な多くの高齢者向けサービスを提供する市当局にとってもジレンマとなっています。 高齢者の健康や自活能力を維持するには、ホームヘルパーによる頻繁な訪問、場合によっては 1 日に何度も訪問することがしばしば必要となり、それにはコストがかかります。とはいえ、それに代わる施設でのケアも高くつきます。

フィンランドでは特にこの問題が深刻です。 Euromonitor Internationali という調査機関が 2016 年 11 月に報告したところによると、フィンランドの都市部の中には、ヨーロッパの中でも高齢化の速度が最も高い地域がいくつか存在するとのことです。この傾向は、医療コストをますます高くしており、フィンランドの都市における他の経済的課題を生み出す原因にもなっています。 ヘルシンキのような人口密度の高い都市では、特に深刻な状況になっています。というのも、需要に応じるヘルパーの数が不足しているからです。

仮想ケア テクノロジの採用で高齢者の生活はより快適に

そのような課題に対処するため、5 年ほど前、ヘルシンキ市では、高齢者サービスのための革新的な顧客中心のアプローチによる実験を開始しました。 ヘルシンキ市サービス センターの電話福祉サービス課長 Riitta Laanala 氏をリーダーとして、ヘルシンキ市は、クラウドベースのソリューション テクノロジを使用して、高齢者サービスを拡大および実現しています。 市は、高齢者の自立を支援し、市のサービスを利用するためのさまざまな支援用デバイスを提供しています。その中には、高齢者の居場所を常時知らせるための GPS 時計、調理済みの食事を高齢者が自分で温めるための Menumat 社製の装置、また看護師やヘルパーが家庭訪問する代わりに仮想サービスとしてテレビ電話を使うためのタブレットなどが含まれます。

物理サービスを補う仮想ケアの使用により、看護師は、認知症の患者や入浴などで身体的介助を必要とする人など、必要の大きな患者への家庭訪問に集中することができます。 また、看護師は、ネットワークを使って複数の高齢者およびそのタブレットをつなぎ、物理療法、演奏会、討論会などのグループ活動を組織することができます。

仮想医療データを実用的なインサイトに変換

しかし、市が高齢者の使うデバイスを継続的にモニターしたとはいえ、それらのデバイスから集めたデータすべてを分析する手段がありませんでした。 Riitta Laanala 氏は、Innofactor を採用しました。これは、北欧諸国におけるマイクロソフト認定また CityNext パートナーであるクラウド ソリューションおよびデジタル トランスフォーメーションの大手プロバイダーです。 Laanala 氏は Innofactor に対して、さまざまな仮想医療データ ストリームをまとめて、分析機能と予測機能の両方を実現し、市のサービス向上と人材のより効率的な管理のためのインサイトを提供するようなソリューションの開発を依頼しました。

Innofactor は、Laanala 氏やその他の市職員と協力して、クラウドベースのモノのインターネット ソリューションを作成し、ネットワークに接続されたデバイスから得られるデータを Microsoft Azure および Microsoft Dynamics 365 顧客関係管理 (CRM) システムに送信するようにしました。 このソリューションでは、Azure のマシン ラーニング機能を使用することによりデータを分析した後、Power BI により結果を視覚化し、それを CRM システムに送り返します。 ヘルプ デスクの職員は、ダッシュボードを通じてそれらの結果にアクセスし、ヘルパーに情報を提供することができます。

市サービス拡大の新しい方法の模索

Laanala 氏のチームは、テクノロジを使用して市サービスを拡大し、顧客を中心とした医療サービスを提供するための新たな方法を模索し続けています。それには、ロボット工学プロジェクトも含まれています。 1 つのシナリオとしては、付加的なサービスを提供するようにプログラミングした実際のハードウェア ロボットを各家庭に配置することが考えられます。 また、異常な行動パターンや事象を検出したり、何らかの異常があることを検知したり、利用者に助けが必要であることを示すアラートを送ったりするように、市がロボットをプログラミングすることもできるでしょう。

健康上の多くの深刻な問題は小さな変化がきっかけで始まりますが、それらの変化は初期段階の警告として活用できます。 高齢者がつまずいたりころんだりし始めた場合、また普段していたような飲食をしなくなった場合、あるいは普段していた家の周りの散歩をしなくなった場合、これらの行動の変化は軽度の発作や初期の認知症などの健康上の問題を示しているのかもしれません。 それをタイミングよく把握してすぐに対処すれば、多くの場合、治療したり、悪化する前に予防したりすることができます。 マシン ラーニングやさまざまな仮想医療センサーからのデータを使用することにより、市は、より深刻な問題を示すパターンの変化を検出し対応することができます。これは、命を救うものとなり、医療コストを削減し、金額では計れない安心感を多くの家庭にもたらすものとなります。

さらに Laanala 氏のチームは、ソフトウェア ロボティクスにより、市の業務を自動化し、多くのサービスの調整を図るということも視野に入れています。 だれかが入院すると、すべてのサービスが保留になります。 現在のところ、その人が後日退院した時点で、すべてのサービスを手動で元に戻す必要があります。 病院、在宅ケア、セキュリティ、食事宅配、交通手段の各サービスのデータベースをリンクさせることにより、処理を自動化し、あらゆるサービスをタイミングよく復帰させかつ何も見過ごすことがないようにすることができます。

この顧客中心のコンセプトおよびヘルシンキ市とマイクロソフトのテクノロジの連携の主な目標は、人々が健康を維持し可能な限り自宅で過ごせるよう助け、人々を支援することです。 人々が居心地の良い場所で幸せな人生を送ること、それが私たちの願いです。 ただそのことに尽きます。


ihttps://www.cgi.com/sites/default/files/white-papers/cgi-health-challenges-white-paper.pdf

Useful Links

お問い合わせ