Skip to content

デジタルの混乱を生き抜くための鍵

By Sanjay Ravi、製造業部門ワールドワイド マネージング ディレクター、マイクロソフト on 2017年11月1日

Filed under ディスクリート型製造業

製造、ハイテク、自動車、航空宇宙の各産業向けロードマップ 世界中でデジタル化が進む中、どの国の製造業者も生き残りをかけた変革を余儀なくされ、競争力強化と成長促進につながる新たな施策に取り組んでいます。 しかし、具体的に何を、どのようにすれば、成功できるのでしょうか。 新しい一連のホワイト ペーパーでは、この問題を取り上げ、その詳細を示します。 マクロソフトでは、製造、ハイテク、自動車、航空宇宙の各産業メーカーが変化する顧客ニーズに対応し、新たなビジネス チャンスを獲得するため、成長、発展、適応する方法について情報を共有しています。 デジタル時代における製造業の変革 デジタル トランスフォーメーションは、テクノロジだけの問題ではありません。ビジネス リーダーには、既存のビジネス モデルを描き直し、顧客のための価値創出を実現するために、人、データ、プロセスを 1 つにまとめるさまざまな方法を取り入れることが求められています。 今日、企業が直面している課題はよく知られています。それは、お客様とつながり、社員にパワーを与え、業務を最適化し、製品を変革することです。 これらの課題は目新しいものではないかもしれませんが、以下の 3 つの要因は、以前には不可能であった方法で情報が得られるようになったため顧客が期待するようになったものと、企業側がそれらの期待に応えて提供できるようになったものを変化させています。

  1. データ量は増え続け、2020 年までに 50 ゼタバイト近くに上ると見込まれています。これは 30 年ほど前に世界中に存在していたすべてのデータ量の 20,000 倍にあたります。 「モノ」のデジタル化、増大した個々のモビリティやコラボレーション、およびその他多くの要因が、このデータ増加に拍車を掛けています。
  2. データ分析とインテリジェンスにおける進化によって、データから価値を引き出す技術が向上し、情報を有用なインサイトに変換できるようになりました。これにより、先回りして、つまり最大限のインパクトを与えることができるタイミングでアクションを起こせるようになりました。
  3. クラウド コンピューティングによるユビキタスは、あらゆる規模の組織の手に既存の価値観を根本から覆すような力をもたらし、イノベーションのペースを速め、競争力を強めてきました。

これらの要因が 1 つにまとまるとテクノロジがあらゆる場所に存在するという性質が反映され、私たちが行うすべての事柄でデジタル サービスへのアクセスがますます大きな役割を果たすことになります。 それらの要因は、デジタル企業のように思考し業務を遂行することによって、変化する顧客のニーズを満たし将来の新たなビジネス機会に対応するために成長、発展、適応する機会を反映します。 新しい能力を開発しデジタル企業に変革することによって、データからインサイトを引き出しそれをインテリジェントな行動に変えるために、すべてのシステム、デバイス、プロセス、資産をより効率的に活用することができます。 マイクロソフトは、顧客のニーズに対応し、新たなビジネス機会をとらえるために企業を進化させる、独自の地位を確立しています。 マイクロソフトは、変化し、適合するように設計されたアジャイル プラットフォームやソリューション、柔軟性、統合、信頼を優先する驚くほど広範囲に及ぶテクノロジ、業界をリードするパートナーで構成される最大規模のエコシステムによってこれらのことを実現します。 取り残されないでください。 今すぐ開始することをお勧めします。 製造、ハイテク、自動車、航空宇宙分野の企業の担当者で、これらのトレンドにすばやく反応し、将来に備え自社を再編する方法についてお知りになりたい方は、ここにアクセスし、ホワイト ペーパーをダウンロードしてください。 デジタル トランスフォーメーションにおける次の変革についてお知りになりたい方は、4 月 24 ~ 28 日にかけてドイツのハノーバーで開催されるハノーバー メッセ 2017 にご出席ください。 産業イノベーションのショーケースでは、世界中の大手メーカーが変革を遂げた結果として、真のビジネス エクセレンスおよびインパクトの強い ROI を実現している方法が示されます。 そこで、同様の結果を達成する方法を示すハンズオン ロードマップを提供します。 Twitter: @sanrav

すべての記事を表示

Useful Links

お問い合わせ